「猫の事務所 宮沢賢治」読書の記憶(七十三冊目)


小学四年生の時の話。国語の時間だった。担任のS先生が、教科書に掲載されている小説の一段落を読み上げた。そしてその中の一文を黒板に書くと「ここで作者は何を表現したかったと思いますか?」と、僕たちに質問をした。

何人かが答えた後、僕も指名された。僕は「作者は『動物達が踊っているように見えた』と言いたかったのだと思います」と答えた。先生は「あー、そう。次、〇〇さん」というように、特に良いとも悪いともなく授業は進み、次に当てられた生徒が答えたところで、その日の国語の授業は終わりになった。


数日後、国語の授業があった。S先生は前回と同じ部分を読むと「ここで作者は何を表現したかったと思いますか?」と、僕たちに向かって質問をした。僕は(この前の授業で自分の感想は言ったから、今回はいいだろう)と手を上げずに黙っていることにした。するとT君が、すっ、と手を上げるのが見えた。そして「作者には、動物たちが踊っているように見えたのだと思います」と言った。そう、前回僕が言った内容と同じ事を繰り返したのだった。

ところが先生の反応は、僕の時の「それ」とは違っていた。先生は「おお!それは、なかなか面白い読み方だね。うん、面白い!」とT君の感想を絶賛した。僕は、あれ? と思った。小学四年生の僕でも明らかにわかるほど、S先生の反応は僕の時の「それ」とは何かが決定的に異なっていたのだ。

僕は「前回、僕も同じことを言ったよ!」と主張しようと思いながらも、そのまま黙っていた。小学生の僕の頭の中には、悲しみとも怒りとも表現できないような感情が渦巻いていて、どうすればよいのかわからなかった。先生は黒板に「動物達が、踊っているように見えた」と大きく書いた。そして、これはいいなあ、とまたT君を褒めた。

その時だった。クラスの中でも元気な女子の一人が「それって、このまえ佐藤君も同じことを言ってたよ」と先生に向かって言った。そして僕に「そうだよね」と同意を求めてきた。僕は、うん、とうなづいた。先生は、そうか? と僕に背を向けたまま言った。



「パン、ポラリス、南極探険の帰途、ヤツプ島沖にて死亡、遺骸は水葬せらる。」一番書記の白猫が、かま猫の原簿で読んでゐます。かま猫はもうかなしくて、かなしくてのあたりが酸つぱくなり、そこらがきいんと鳴つたりするのをじつとこらへてうつむいてりました。(猫の事務所 宮沢賢治より)



宮沢賢治の「猫の事務所」を読んだ時、ここに書いたことを思い出した。今考えてみると、僕はS先生にあまり良く思われてなかったのかもしれない。T君は、あまり積極的に授業に参加するタイプの生徒ではなかったから「T君が感想を言った」ことに対して、先生は嬉しく思ったのかもしれない。今となってはよくわからない。

それでも、クラスの女子が指摘してくれた事はうれしかったし、一人でも自分の味方に立ってくれる人がいるということで、もう充分だと思ったことを覚えている。

人気の投稿