投稿

【音声セミナー】夏目漱石のラブレター

イメージ
【音声セミナー】夏目漱石のラブレター

ロンドン留学中の夏目漱石が、日本で待つ鏡子夫人に宛てた手紙を題材に「漱石の文章」について考察していく。

漱石は鏡子夫人に「何を書いた」のか?
それを読んだ夫人は、漱石にどのような返信をしたのか?

【音声セミナー】日本人の1ヶ月の読書量は?(他3編)

イメージ
【音声セミナー】日本人の1ヶ月の読書量は?
【読書のすすめ】文化庁の読書に関するデータをもとに、読書の楽しさ、読書から得られること、そして本との接し方を考えてみる。

内容:
日本人の半数が「月に一冊も本を読まない!?」
上位3%の人たちは、月に何冊本を読むの?
電子書籍を読む人は、どのくらいの割合?(文化庁の資料より)
AmazonでKindle本(電子書籍)を出版した時のエピソード
私(佐藤学長)が、読書の習慣を通して得られた2つのこと
情報を得るだけではなく「読書体験」を楽しんでいこう 他

文化庁 ホームページ https://www.bunka.go.jp


【音声セミナー】夏目漱石の手紙に学ぶ文章力と人間力「芥川への手紙」

夏目漱石が、芥川龍之介と久米正雄に宛てた手紙を読み、背後に存在する「漱石の人間力」を考察する。社会人のための日本文学入門(読書のすすめ)


【音声セミナー】夏目漱石の手紙に学ぶ文章力と人間力「読者からの手紙」夏目漱石が「こころ」の読者から届いた質問に返信した手紙から、背後に存在する「漱石の人間力と文章力」を考察する。社会人のための日本文学入門「漱石の手紙に学ぶ文章力と人間力 読書のすすめ(2)

内容
漱石の手紙(こころの読者への返信)
子供に対するのではなく、一人の「人間」として対応する
自分が使いたい言葉ではなく、相手に伝わる言葉を選ぼう
文章力は人間力

更新(最新)情報について

イメージ
つまり、佐藤の本棚 は更新を終了しました。
目標の100冊に達したため、本ブログは更新を終了しました。 文学(読書)に関する記事は他のサイトで公開していきますので、文学に関する情報に興味がある方はぜひご覧ください。
現在、記事を書いているサイト
note 古本(古書)装丁に関する記事を中心に書いています。
twitter 最新の更新情報は、ひととおりこちらにアップしていきます。

今後、本ブログの記事をどうしようか検討中です。今は漠然と、「加筆修正して電子書籍にまとめてみようか」などと考えていますが、まだ決まっていません。なにかしらの形で、広げていけたらいいのだがと考えています。


更新情報 2020.4 他のところで「本」について書いた文章を、こちらにまとめていこうかと考えています。ひとまず「音声セミナー」を掲載しながら、記事を増やしていく予定です。よろしくお願いします。

最終回「明暗 夏目漱石」読書の記憶(百冊目)

イメージ
受験生だった時の話。受験勉強は好きではなかったけれど「文学史」は面白かった。「受験が終わったなら、ここに紹介されている作品を片っ端から読んでやろう」そう考えていると、わくわくした。未踏の地に挑戦する冒険家のように、その先に早く足を踏み入れたくて仕方がなかった。

大学生になった僕は、最初に夏目漱石から読み始めることにした。新潮文庫を一冊ずつ購入して、次から次へと読んでいった。まだ理解できない部分や、読み取れない部分も多かったけれど、その世界の中に浸っていられることが嬉しかった。

読書は順調に進み、あとは「明暗」を残すだけとなった。僕は書店で明暗を購入し家路についた。部屋のテーブルの上に置いた。いつものように読み始めようとした時、僕の頭の中に「これが漱石が書いた、最後の小説なのだ。これを読んでしまえば、もう未読の作品はなくなるのだ」という考えが浮かんだ。

漱石は「明暗」を執筆中に亡くなった。つまり明暗は未完の絶筆である。最後まで読み終えたとしても、それは「最後」ではない。その先を読めることは永遠にない。うまく表現することはできないのだが、今は読まない方がいいような気がする。読む事によって何かが失われるような気配がある。僕は明暗を開かずに、本棚に並べた。


始まりがあれば、終わりがある。始まりがあれば、終わりがある。もしもこの世界に変わらない真実があるとするならば「永遠なるものは存在しない。変わり続けることだけが真実だ」と書いてみたい。そして、これさえも変わり続けていくことは疑いようのない事実なのだ。

100冊を目指して書き始めた「佐藤の本棚」は、今回で100冊となった。100冊に到達した時、自分がどのような感覚を得られるのが楽しみだった。少なくとも達成感や充実感(のようなもの)は、ささやかながらも感じることができるだろうと期待していた。

しかし実際に到達してみると、意外なほどに「何もない」ことに気がつく。比喩でも誇張でも斜に構えているわけでもなく、本当に何もない。何もないのに無理やり何かを書く必要もないと思うので、これで終わりにしたいと思う。(佐藤の本棚 完)



このブログの作者 プロフィールへ

夏目漱石 掲載作品
三四郎こゝろ夢十夜坊っちゃん虞美人草私の個人主義明暗

「鼻 芥川龍之介」読書の記憶(九十九冊目)

イメージ
中学1年生の時の話。まもなく夏休みが終わろうとしている、八月も末のころだった。クラスメイトのSから「明日、委員長の家に遊びに行ってもいいか」と連絡があった。(その時僕は学級委員をしていたので、みんなから委員長と呼ばれていた) 特に用事もなかった僕は、いいよと答えた。

翌日の午後、SはクラスメイトのOと一緒にやってきた。Sは僕の部屋にくるとすぐに「読書感想文の小説を貸してくれ」と言った。どんなのがいい? と聞くと「有名なやつで、短くて、面白いやつ」という。僕は、そんな都合の良いものはないよ、と言いながら、夏目漱石の「坊っちゃん」を本棚から取り出してSに手渡した。

Sは「夏目漱石? うん、これは聞いたことがある」といいながらパラパラとめくると「長すぎる! こんなの読み終わるまでに夏休みが終わってしまう」と突き返してきた。このくらい頑張って読めよ、と言っても全く興味を示さなかったので、次に僕は芥川龍之介の「鼻」を見せた。

「鼻」のページ数を確認したSは「うーん、このくらいなら読めそうだ」と言った。そして「これ、委員長は読んだんだよね?」と確認してきた。  読んだよ、と僕は答えた。「どんな話か教えてくれよ」とSが言った。すると横にいたOが「内容を教えてもらったら、読書感想文にならないだろう」と言った。Sは「ちゃんと読むけどさ、すこし教えてもらった方が書きやすいと思ってさ」などと、よくわからない理由をごにょごにょと繰り返した。

Sは「じゃあ、これ借りるよ」と鞄の中に本を入れると、Oに「お前は借りなくていいのか?」と言った。Oは、僕は書き終わったからいいんだ、と言った。何を読んだんだよ、とSが聞いても、Oはニコニコと笑いながらはぐらかすようにして、読んだ本の題名を教えてくれることはなかった。


人間の心には互に矛盾した二つの感情がある。勿論、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。所がその人がその不幸を、どうにかして切りぬける事が出来ると、今度はこっちで何となく物足りないような心もちがする。(芥川龍之介 鼻より)


夏が終わりに近づく、ちょうど今くらいの時期になると、時々ここに書いたことを思い出す。中一の冬に転校してしまった僕は、あれから二人には会っていない。たぶん再会したとしても、お互いを認識できないと思う。それでもどこかで会う機会があるとするならば、Sには「鼻」の感想をOには何の本を読んだ…

「夏と悲運 中原中也」読書の記憶(九十八冊目)

イメージ
中学一年生の時の話。音楽の時間だった。授業が始まり、先生が教壇に立ち説明を始めた。ふいに先生と目があった。僕は、なんとなく苦笑いをした。特に何かがおかしかったわけでも、反抗的な態度を示したかったわけでもない。ただ先生と目があったのがなんとなく気まずかったので、反射的に口元緩めてしまったのだった。よくある話だと思う。

しかし音楽の先生は「それ」を見逃さなかった。あからさまに顔色を変え、僕に教室の前に出てきなさいと言った。そして教壇の前に立たせると「何がそんなにおかしいんだ」と言った。僕は「おかしかったわけではなくて、なんとなく笑ってしまいました」と答えた。正真正銘、これが素直な気持ちだった。 

先生は「何も面白くなくて、笑うわけがない」「何が面白かったのか説明しなさい」と追求してきた。どんなに追求されても、本当に意味がなかったのだから説明のしようがない。僕は、意味はありません、を繰り返した。

しかし先生は一向に納得しない。「理由もなく笑う人はいない」「先生はその理由が知りたい」「説明するまで授業はしません」と追求を続け、僕は「特に理由はありません」を繰り返すことになった。

何度かこの問答を繰り返した後、先生は「今日はもう授業する気分ではない。ここで終りにする」と授業の終了を宣言し、教科書を抱えて教室から出て行ってしまった。わずか10分くらいで授業が終わってしまった。教室には、奇妙な静けさだけが残った。

僕は、教室を出て職員室へ向かった。椅子に座っている先生のところに行き、「すみませんでした。授業をして下さい」と謝罪をした。 先生は「今日はもう授業をする雰囲気じゃないから終わり」と、全く相手にしてくれなかった。仕方なく僕は教室に戻った。みんなの前で、今日の授業はこれで終わりだと告げた。誰も何も言わなかった。そのまま時間が過ぎ、授業を終えるチャイムが鳴った。


夏と悲運 中原中也
唱歌教室で先生が、オルガン弾いてアーエーイーすると俺としたことが、笑ひ出さずにやゐられなかつた。 
(中略)
すると先生は、俺を廊下に立たせるのだつた。俺は風のよく通る廊下で、随分淋しい思ひをしたもんだ。俺としてからが、どう反省のしやうもなかつたんだ。(夏と悲運 中原中也より)


中原中也「夏と悲運」 を読んだ時、ここに書いたことを思い出した。今ならば、先生がなぜ授業を中断したのか、わかるような気がする。…

「同じ星 太宰治」読書の記憶(九十七冊目)

イメージ
小学生の時の話。同じクラスに「誕生日が同じ」男子が2人いた。彼らは双子でも親戚でもないのだが、偶然誕生日が同じなのだった。2人は、そんなに仲が良いわけではなく、見た目に共通点もなく(当然である)1人はおとなしく内向的で、もう1人は運動が好きな活発な男子だったと記憶している。

誕生日が同じという事は、いわゆる星座とか、そのような占いも同じなわけで「今日は、しし座のあなたはラッキー」とあれば2人とも喜ぶし「今日は、しし座のあなたは注意が必要な1日」とあれば、2人ともなんとなく落ち込むのである。誕生日は一生変更できないから、二人は一生同じ占いの結果を目にし続ける。冷静に考えてみると、なかなかシュールな風景ではないか。
同じ星 太宰治文藝年鑑に依つて、君が明治四十二年の六月十九日に誕生した事を知つた。實に奇怪な感じを受けた。實は僕も明治四十二年の六月十九日に誕生したのである。この不思議な合致をいままで知らずにゐたのは殘念である。飮まう。君の都合のよい日時を知らせてくれ。僕は詩人である。(同じ星 太宰治より)

太宰治「同じ星」を読んだ時、ここに書いたこと思い出した。現在私は、どちらとも交流がない。彼らがどのような環境で過ごし、どのような考えを形成し、どのような人生を送ってきたかを確認することはできない。ただ、彼らも私もみんな、それぞれ元気で、いつの日かどこかで、偶然に出会えたらおもしろい。その席で、それぞれの人生を照らし合わせながら、あれやこれを話してみたい。そんな日がくることを、楽しみにしたいと思う。


太宰治人間失格思ひ出富嶽百景トカトントン皮膚と心I can speak一問一答兄たち同じ星