「報告 宮澤賢治」読書の記憶(八十三冊目)

佐藤の本棚

大学を卒業した時の話。私は新幹線に乗って実家のある仙台市に向かっていた。まだ就職も決まっていなかったし、これからどのような方向に進むかさえも決まっていなかった。アパートを引き払って実家に帰る事に決めたのは自分自身だったけれど、本当にこれでいいのか、もう少し東京で粘ってみたらよかったのではないか、などと色々なことを考えていた。

わざわざ駅の改札まできて、見送ってくれた大学の友人と別れたばかりということも、物寂しさをいっそう強くしていた。今後「彼らと絶対に会う事はない」というわけではないけれども、次に会うのはいつになるかわからない。

確かに、東京と仙台は新幹線で二時間もあれば移動はできる。でも、そういうことではない。みんなと私の間には見えない境界線が、しっかりと引かれてしまっている。すでに借りていたアパートの鍵は不動産屋に返してしまった。あの部屋に入って眠ることは、もう二度とないのだ。


私は、そんなことを考えながら、一人で新幹線のシートに座っていた。本を読むわけでも音楽を聴くわけでもなく、ただ一人で座っていた。

福島を過ぎて、宮城に入る直前だった。近くの席から「虹だよ!」という弾んだの声が聞こえてきた。私は反射的に窓の外を見た。そこには、空に向かって立ち上がる虹の姿があった。



さつき火事だとさわぎましたのは虹でございました
もう一時間もつづいてりんと張つて居ります
宮澤賢治「報告」


宮沢賢治の「報告」を読んだ時、あの時の情景が頭の中に浮かんだ。あれは確かに「りん」と張っている、美しくも力強い虹だった。

人気の投稿