【文学セミナー】はじめての夏目漱石「おすすめ3作品」を解説

はじめての夏目漱石「おすすめ3作品」を解説

「夏目漱石を読んでみたいけど、難しそう」そのように感じている人も多いかもしれません。そんな人に「はじめての夏目漱石 おすすめの3作品」を紹介します。まずは、この3作品から読んでみてください。一気に、漱石の世界に引き込まれていくはず、です!

はじめての夏目漱石 おすすめBest3




一冊目「坊っちゃん」



二冊目「こころ」




三冊目「三四郎」




すばらしい小説を読むと「誰かの人生を通り抜けたかのような」感覚になることがあります。ここで紹介した3冊(坊っちゃん こころ 三四郎)は、自分も登場人物の人生を体験したかのように深くコミットメントできる名作です。ぜひ読んでみてください。

このブログの人気の投稿

「同じ本を二冊買ってしまった時に、考えたこと」読書の記憶 五十八冊目

「鼻 芥川龍之介」読書の記憶(九十九冊目)

【文学セミナー】夏目漱石 前期三部作「三四郎 それから 門」あらすじ解説